2005/6/21 火曜日
みなさん、こんにちは。
じえいたんです。
 
わたしとまりたんのアメリカ旅行はここでおしまいです。
カンサス・シティー、ナッシュビル、デンバー、コロラドスプリングスと米国を横断した今回の旅ではおおくの人にお世話になりました。
今回はあらためてお世話になったみなさんをご紹介します

まずは民間軍事会社の訓練教官ロッドさん。

現役の警察特殊部隊員でもあるんです。
訪問したわたしたちをいきなり閃光手榴弾で歓迎してくれました。
 
閃光手榴弾(動画ファイルです。AVI形式)
 
…ここ、警察署の裏庭なのに。
 
つぎの訪問先のバレット社では副社長さんが貴重な銃を見せてくれましたね。

米軍が現在トライアル中の25mmライフル「XM107」
日本では初公開になるのではないでしょうか?
 
新型の12.7mmライフル「95M」も貴重でしたね。
この銃はじえいた…、いや、なんでもないです…。
 
デンバーからコロラドスプリングスの先、ライフルでは
民間軍事会社ESIの社長、ドューガンさんが歓迎してくれました。

元情報機関ということ以外、自分のことは話してくれない謎めいた方でした。
とても日本びいきで、自宅の庭に日本庭園を自作したと誇らしげに見せてくれました。

・・・日本庭園?
 
邸内にもさまざまなものが飾ってありましたね。
…ほとんど偽ものでしたけど。
 
みなさん、ほんとうにありがとうございました。
またアメリカを訪れる機会があったら、そのときもお会いしたいですね。

おまえ、まだ訓練がのこってるぞ。
 
ええー!