2005/7/28 木曜日
Hello. ねいびーよ。
改正自衛隊法が可決されたわね
 
今回の改正で緊急の弾道ミサイル迎撃が現場指揮官の判断にゆだねられているわね。
1分1秒を争うミサイル迎撃では画期的な判断だわ。
 
 
政治が軍事をコントロールしなければならいのは理解できるけど、個々の判断まで制約するのは“シビリアンコントロール”の範疇を外れているわ。
かつて、大日本帝国が“統帥権”を盾に軍事的判断で政治的判断を捻じ曲げたように、いまの日本ではその逆のことがおきているのかもね。
 
だいたいミサイルの発射から弾着まで数分しかないことを知っているのかしら?
 
ミサイルが発射される前にたたいてしまえばいいのだ。
 
それができないから苦労しているんでしょ。
でもミサイル迎撃では予兆を察知することは重要だわ。
仮想敵国のミサイル部隊の移動情報や、稼働状態、それから…
 
●●党とか●●●●のひとたちが一斉に逃げ出しはじめたら、発射も近いってことですね。
 
 
はっ!
なにやらはりつめた空気が!