2006/2/14 火曜日
こんにちわー、あーみーですぅ!
今日は2月14日、バレンタ…
 
パレンバン・デーですね!
 
…ぱれ ん? ばん?
 
いまから64年前の2月14日、“空の神兵”と謳われた帝国陸軍落下傘部隊が蘭領インドシナのパレンバン油田に降下・占領に成功したことを記念する日なんですよ。
 
ええーーっ!
そうだったんですか!
 
そもそも東洋侵略の野望に燃える米国が当時の日本に対して石油禁輸措置に踏み切ったことがきっかけです。
畏くも天皇陛下におかせられては昭和16年12月8日、米国に対して宣戦の大詔 渙発あらせられ、日本国民はついに聖戦の矛をとって立ち上がったのです。
 
亜細亜の吸血鬼オランダが占領下の製油施設を破壊する前に神速果敢にかの地を占領すべく帝国陸軍は精鋭落下傘部隊を投入し、数に勝る蘭英豪連合軍を鎧袖一触、ほぼ無傷で油田の奪取に成功しました。
その戦いぶりは大和魂の精華として全世界を驚倒せしめたのです!
 
すごいですねー
 
ときの東条首相は国民に石油資源の重要性を知らしめるために特別に栄養食チョコレートを配給しました。
それから日本ではこの日にチョコレートを食べるようになったんですよ。
 
へぇー、じえいたんはものしりですね!
とっても勉強になりました!
 
みなさんも今日はチョコレートをかみ締めて石油資源の重要性をおうちの人と話し合ってみましょうね。
 
いまも昔も変わらないことだけは勉強になったわ。