2006/12/22 金曜日
気をつけ! まりたんだ!
中央アジアの独裁者 ニヤゾフ トルクメニスタン大統領が亡くなったようだぞ!
 
http://cnn.co.jp/world/CNN200612210031.html
 
とるくめにすたん…あまり耳にしない名前ですねぇ
 
ウィキペディアで調べてみると…
驚くべき独裁の様子が解説されているわね。
 
●首都と大学を除く図書館の廃止も命令。
―ニヤゾフ大統領の「田舎の人はどちらにしても字が読めないのだから」という見解による。
●バレエ上演を禁止。
―ニヤゾフ大統領の「白鳥の湖の男性ダンサーの衣装が気に入らない」という見解による。
●若者のヒゲを禁止。
―ニヤゾフ大統領の「見苦しい」という見解による。
●首都ではほぼ50メートルごとに、ニヤゾフ大統領の肖像や銅像が設置されている。
金の大統領肩にコートのダンディ大統領、そして常に太陽の方角を向く回転大統領タワー
●トルクメニスタン国内では煙草は禁止。
―ニヤゾフ大統領はガン手術を受けており、禁煙中のため
●8月15日をメロンの日に制定。
―ニヤゾフ大統領の大好物はメロンである。
 
『“メロンが好き”と俺が言ったから8月15日はメロン記念日』
ってことですかね
 
…独裁のベクトルが違う方向性に行っていませんか?
 
「国の父」の称号を持っていて、さらに首都に動物園を作ったときに「全てのペンギンの父」とも宣言したらしいわよ
 
ちなみに俺は「全ての妹の兄」の称号を…うわっ何をっ
 
まりたん、その馬鹿編集者を連れ出しなさい
…ともかく、トルクメニスタンがまともな国家になることを願っているわ