2007/12/20 木曜日
気をつけ! まりたんだ!
 
にんげん、外ヅラよりも中身が大切だぞ
わかってるか?
 
『日本が‘偽ブランド品消費大国’に?…上半期33万件摘発』<韓国 中央日報より>
 日本が‘ブランド品天国’から‘偽ブランド品消費大国’の不名誉を背負う危機に陥っている。
 
 高い国民所得を背景にブランド品を好む人が多い日本で、インターネット販売による偽ブランド品の流通が急増~(中略)~最近の円安で日本でショッピングを楽しむ韓国人が増えているが、日本でブランドだけを見て買うと‘偽ブランド’の犠牲になる可能性も小さくない。
(後略)
 
せっかくニホンにお買い物にきたのにこまってしまいますね~
いったい偽ブランド品はどこからきているのですか!
 
この記事には中国製と書いてあるのですが…
 
『韓国人の偽ブランド品に対する無神経さ』<韓国 朝鮮日報 昨年2月記事>
「これは韓国で作ったものです。断然よくできています」
 ウォール・ストリート・ジャーナルは2004年を基準に、全世界の偽物市場の規模は5400億ドル(およそ524兆ウォン)に達すると報じた。韓国にとっては胸がドキッとする数字だ。韓国は昨年駐韓ヨーロッパ商工会議所(EUCCK)によってOECD加盟国で最大の偽物製造国と指摘された。
(下へ続く…)
 
韓国製も多いみたいですよ
 
うんうん
旅行先で買ったものが地元でつくられているとわかったときはガッカリするものな~!
 
そういうことじゃなくてね…
偽物をつかまされてしまうのが問題なのよ
 
(同記事つづき…)
 もっと大きな問題点は私たち自身にある。「本の泥棒は泥棒ではない」ということわざから分かるように、われわれにとって知的所有権に対する無頓着さは根強いものだ。
 多くの人が、本物とまったく区別のつかない偽物の腕時計をはめて誇らしげに腕を見せつけたり、他人のそのような行動を見た覚えがあるだろう。本当の取締の対象はわれわれのなかの「偽物に対する無神経さ」だ。
 
あまり問題でもないみたいだぞ