2008/1/11 金曜日
こんにちは、皆さん
じえいたんです

永住外国人に対する参政権について様々な意見が出ているようですがみなさんはどうお考えですか?

『民主党、「在日外国人参政権」法案提出目指して有志が新グループ結成』
 
『民主 外国人参政権新グループ』

 
わたしはアメリカ市民権をもっていない永住外国人ですから選挙にはいけませんよ
 
アメリカを例にとるなら
まず「アメリカに住みたい」人は『永住権』の取得を
一歩進んで「アメリカの一員になりたい」人は『市民権』の取得をめざすことになるわ
 
この二つの違いは大雑把に言うなら参政権の有無ね
それ以外では永住権を持っている人も日常生活で不利益がでることはないわ
 
わたしはアメリカ市民になりたいです
 
でも市民権をもらうのはとても大変なんですよ
でもでも大変だからこそもらえたときはとても嬉しいし、大切にかんじることができるとおもうんです
 
そういう気持ちをもてる人だから選挙にいってもいいんだとおもいます
 
兵隊のおつとめをがんばらなきゃです!
 
なんで日本では国籍も無いのに参政権の話がでてくるの?
 
ほかの日本人と同じように税金を納めているから、という意見がありますね
 
税金とは、生活インフラ整備や治安維持など公共サービスに対する対価だとわたしは考えるのだがな

納税で参政権が買えるなら高額納税者の参政権にはおまけをつけてやらねばならんぞ

 
選挙にいくと言うことは、その国家・共同体に責任を持つということだ

国家・共同体のために死ぬくらいの覚悟があるやつだけに許される崇高な権利が参政権だ!

おまえたちは日本のために死ねるのか!?
 
まぁいまどき「お国のため」もないですけどね…
 
みなさんも外国人参政権のこと、自分の持っている参政権のことをこの機会に考えてみてはいかがですか?