2008/3/17 月曜日
気をつけ! まりたんだ!
 
チベットのひとびとが蜂起してから数日、中国政府の情報統制で現地の状況はよくわからないが、よくなっている様子はなさそうだぞ…
 
産経新聞の福島香織記者が現地とのチャット通信の様子を伝えています
 
『【記者ブログ】情報統制を超えて漏れ聞こえるラサの悲鳴をきけ!』
 
現地の緊迫した状況がひしひしと伝わってくる記事です
ここに一部抜粋して掲載したいと思います!
 
※以下、「福島」記者とチベット族の友人「彼女」との会話
 
~(前略)~
福島「(暴動は)どんな風にはじまったの?」
彼女「14日、午前11時30分ごろ、ジョカン寺の近くにあるラムチ寺で僧侶がハンガーストライキをはじめた。これを軍(武装警察だろう)が阻止しようと、殴るけるなどの暴行のあげく発砲した。7、8人が死んだ。逮捕者もでた。これをきっかけに市民に怒りが広がり、暴力的な大規模デモが起きた。他の僧院も抗議のハンストに入った」
福島「ラムチ寺の僧侶は何人?」
彼女「70~80人」(寺院の1割の僧侶が虐殺されたわけだ)
彼女「市民デモは北京中路あたりで軍と衝突。軍は発砲を繰り返し、銃創や圧死(おそらく軍用車両で)で、このエリアだけで死者は70~80人は出ている。」
福島「市全体では何人くらい(の死者)?」
彼女「正確には分からないけれど100人以上。110から120人の間だと思う。(亡命政府の発表は80人の遺体が確認された、少女も含む。これから増える可能性も)」
~(後略)~
 
中国政府の発表とは死者数などが桁違いね
 
『市民10人死亡、警官12人が重軽傷-ラサ事件で新華社』
中国国営新華通信社は16日、チベット自治区ラサ市で起きた騒乱事件について、一般市民10人が死亡した他、警察官12人が重軽傷を負ったと報じた。同社は事件を「殴る、壊す、奪う、焼く破壊活動事件」と表現している。
~(後略)~
 
“事件を「殴る、壊す、奪う、焼く破壊活動事件」と表現”か…
新華社はあくまで“暴徒”による“犯罪行為”であることを強調したいようであるな
 
さきに紹介した福島香織女史の記事でも
『中国はCCTVなどで、現地の暴動の映像を流したが、中国的にはこれが成功だった。~(中略)~赤い衣のラマ僧が商店を破壊したり、チベット族の若者が中国国旗・五星紅旗を燃やしたりしている映像。それだけで、テレビを見ている一般の人々は、中国もこんな凶暴なやつら抑えるには、多少の暴力もしかたなかったんじゃないか、と思いかねない。』と分析している
 
まぁ、そもそもの発火点が中国側の弾圧であることは明らかなのだがな
 
中国側は、弾圧行為を否定する発表も行っていますね
 
『チベット騒乱 中国、武力弾圧を否定「焼死など」と発表』
 
~(前略)~同主席はデモ隊の制圧は武装警察と公安(警察)が行っており、軍は加わっていないと強調。「治安部隊は発砲しておらず、戦車など人を殺害する武器は一切使っていない」~(後略)~
 
“武装警察”?
ここ最近、人民解放軍は人員の削減を行っているが、武装警察とやらは不思議と軍が減った分だけ人員が増加しているらしいと聞いたな
 
この組織は“警察”と名乗っているが、実体は軍の予備組織にすぎないぞ
 
軍隊を相手にお坊さんや普通の人々に何ができるでしょう…
チベットの皆さんを助けなきゃ!
 
国際社会は断固として中国の侵略行為にたちむかわなければいけないぞ!
 
 
 
 
<おまけ>

『中国が態度改めねば北京五輪ボイコットを=チベット暴動でR・ギアさん』
 
リチャード・ギアはなかなか言うな
 
いつも、へらへらした顔で反戦だナンだとぬかしているヒッピーどもダンマリかな?
そんな連中はまとめてリチャード・ギアのタマをしゃぶって来い!