2008/10/13 月曜日
最近の芸人はダメであるなぁ
 
…みけ大佐
人の家でテレビ見ながら何してるんですか?
 
売れてくるとすぐ他人をバカにして笑いをとろうとするのはいかがなものか!
 
…あ、わたしの話
聞いてないですね
 
わたしは軍人と芸人に必要なのは
自己犠牲の精神だと思うのである
 
もっとこう身体を張った笑いを…
 
はあ…
 
お、みろ!
このイギリス人を!
 
「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」
「肉を斬らせて、骨を絶つ」
 
これぞ自己犠牲と英国伝統のブラックジョークを融合させた究極の芸風だ!!
 
『中国産牛乳を試飲した英国閣僚、就任当日に腎臓結石で入院』
 英国「ビジネス、企業および規制改革大臣」として入閣したピーター・マンデルソン氏(54)は就任初日の6日朝、下腹部の激痛により病院に救急搬送され、検査の結果、腎臓結石によるものと診断された。
 同氏は先月26日、天津で開かれたEU・中国合同経済通商委員会の席上で、中国産乳製品の安全性をアピールするために、メディアの前で自ら牛乳を飲んで見せ、温家宝首相を感動させた。その9日後に、同氏は腎臓結石が発症し、入閣初日に入院することになった。
>>下へ続く
 
いや、これは芸風ではないと思いますが
…お大事に
 
ちゃんとオチもあるぞ!
 
>>続き
 欧州連合の消費者による中国産乳製品への不信感を払拭するために、マンドルソン氏は公で中国産牛乳を飲み、消費者に安全性をアピールした。中国の温家宝総理は同氏のこの行動に感動し、「マンデルソン氏は、(中国の)現在のみならず、未来がわかっている」(チャイナ・デーリー)と述べたという。