2009/1/16 金曜日
気をつけ!まりたんだ!
 
無駄なことにエネルギーを使っているヒマがあったら、もう少しマシなことをしたらどうだ?
 
おまえらのマスかきも無駄だが、“歴史共同研究”なんてのは無駄にもほどがあるぞ!
 
『歴史共同研究 埋まらぬ溝 中国「天安門」削除を』
日中両国の有識者による歴史共同研究で、民主化運動を武力鎮圧した天安門事件(1989年)に関する日本側の記述を中国側が「極めて敏感」な問題として削除するよう求めている
~(中略)~
 当初は南京事件(編注:南京大虐殺のこと)などに関する記述が注目されていたが、関係筋によると、日中戦争史の部分について双方が「両論併記」の形で簡単に触れることで合意したという。しかし、戦後の日中関係史の部分で、双方の意見の相違が露呈した。
~(中略)~
天安門事件の死者数は数百人とも千人以上ともいわれるが、真相は公表されていない。再評価を求める声もあるものの、「結論が確定している」とする中国政府は「反革命暴乱」とした公式評価を変えようとしていない。
 
『天安門事件』が“反革命暴乱”?
こいつはどうしたことだ!?
 
“偏っている”というより
“突き抜け”ているぞ、歴史認識が!
 
うう、南京事件については日中の“両論併記”で落ち着いたのに、戦後史でもこんなムチャを言われるなんて…
 
わかったわかった
ではこれも“両論併記”である
 
教科書には『天安門事件は反革命暴乱です』と書こう
ついでに
『中国では民主化運動のことを「反革命暴乱」と言います』とするのだ!
 
“偏らない”ってむずかしいですね~
 
<おまけ>
『民主・輿石氏、日教組にエール?「教育の政治的中立ありえぬ」』

 民主党の輿石東参院議員会長は~(中略)~「教育の政治的中立はありえない」と述べ、「反日偏向教育」の根源ともいわれる日教組へのエールと受け取れる発言をした。教育や教員の政治的中立は教育基本法や教育公務員特例法で定められており、日教組に肩入れする同党の“危うさ”がまたぞろ浮き彫りになった。~(後略)