2009/1/31 土曜日
気をつけ! まりたんだ!
 
病気なんて走ればなおる!
なにぃ「うつ病」?
根性なしは陸軍にでもいっちまえ!
 
ま、まりたん!
うつ病はとても大変なものなんです!
治療にはまわりの人の理解が必要なものですから、そんなことを軽々しく言ってはいけませんよぉ~
 
パットン将軍に「根性なし!」って
なぐられてしまうんですよね?
 
それは「砲弾神経症」でしょ
 
まぁ、最近は仕事中だけ「うつ病」になるなんてのもあるらしいなぁ
 
お医者様でも 草津の湯でも~♪
ゆとり世代の病はぁ~治りゃせぬぅ~
 
それは「恋の病」です…
 
あ、でも治るみたいですよ
 
『派遣村騒動で「心の病」を持つ会社員の復職が続出』
(前略)~新人研修に「メンタルヘルス研修」を組み込む企業は珍しくない。もし、心の病にかかっても、医師や企業が連携しつつ慎重に職場に復帰するための「復職支援プログラム」を設けている企業も増えた。
~(中略)~
 一方で、心の病で休職することへの心理的ハードルが下がり、「復職しても大丈夫に見える軽度の人まで、『まだ無理です』と休職を続ける人が少なからずいた」(ある精神科医)のもまた事実である。正社員だから、簡単には解雇されないという意識も当然あっただろう。
 ところが、年始の年越し派遣村の報道を目の当たりにし、こうした軽度の患者の態度が一変した。「次は正社員である自分の雇用も危ない」と危機感を感じて、続々と職場に戻ろうと医師や企業に相談を始めているというのだ。皮肉なことに、どんなクスリより、派遣村が劇的な効果をあげたかたちとなった。
 
お医者様や草津の湯よりも
不況が効いたってことであるな
ハァ~コリャコリャ♪
 
 
 
<じえいたんより>
「うつ病」は決して怠惰な心から生まれるものではありません!
いまだにまりたんのように心の病に偏見をもたれている方も多いようですが、多くの方がこの病に苦しんでおられます
 
この記事でも
[もっとも、困った“副作用”もある。「本来治療が必要なのに、無理して復職しようとする人も増えている」というのだ。]
と述べられているように、周囲の無理解が状況を悪化させかねないことも認識する必要があると思います
 
これを機会に「うつ」について調べ、正しい認識を持っていただけると嬉しいです
よろしくお願いします!