2009/3/20 金曜日
みけ大佐である!
 
周辺有事の問題を抱えながらも、憲法の制約から軍事力による対策を講じることができないニホン!
 
だが、この天才戦術家たる我輩をも超える秘策を考え出したヤツラが存在した!!
 
その名は
民・主・党!
 
「海賊対策は海保主体で」 民主が方針 政府と一線画す
 民主党は19日、ソマリア沖の海賊対策は海上保安庁が主体的に取り組むべきだ」とする方針を固めた。今の海保で困難な場合でも、海上自衛隊の艦船と自衛官の身分を海保の管轄に入れて対応する。
~(後略)~
 
海自派遣に反対したいけれども
海保には派遣能力が無い――

だからってこの理屈は…

 
いやいやぁ~、この発想はなかったのである!
つまり名目上“海上保安庁”なら、中身がどんな武装組織でもOKであるのか
 
思い切って全自衛隊を海上保安庁の指揮下に入れてしまえば――
 
北方領土&竹島奪還作戦も!
北朝鮮ミサイル基地の先制攻撃も!
 
やりたい放題であるなー!
 
そんなことあるわけないでしょ!