2010/12/1 水曜日
Hello. ねいびーよ
 
情報告発サイト『ウィキリークス』による我が国の機密情報流出は世界中に大きな波紋を広げつつあるわね
 
世界規模で地域紛争や政治問題に関わる米国だけに、暴露された情報は様々な国に関係するものばかりですからね
 
日本関連も出ているのである!
 
『SM3の欧州輸出解禁打診=武器三原則見直し迫る-米外交公電』
 米政府が昨年9月、日米共同開発中の海上配備型の次世代迎撃ミサイル(SM3ブロック2A)の欧州への輸出解禁を日本に打診していたことが30日、分かった。イランの弾道ミサイルの脅威に多国間で対処するために、すべての武器や関連技術の輸出を原則として禁じる武器輸出三原則の見直しを日本に迫った形だ
~(以下略)
 
『SM3ミサイル』は、日米が最重要の問題として取り組んでいる『弾道ミサイル防衛』で重要な役割を担う兵器よ
 
すでに配備されている『SM3 ブロックⅠ』はアメリカ海軍の艦船はもとより、日本のイージス護衛艦でも運用され、大気圏外でのミサイル迎撃訓練に成功しているわ
 
現在、大気圏外で弾道ミサイルを迎撃する能力を持つ国は世界でもアメリカと我が日本だけなんです
 
そして『SM3 ブロックⅠ』をさらに発展させた『SM3ブロックⅡA』の日米共同開発が現在進んでいるわね
 
我がアメリカとしては、ミサイル防衛の切り札とも言うべき優秀な『SM3』をぜひ欧州などの同盟各国で使用したいと考えているのだけど…
 
我が国は『武器輸出三原則』により諸外国への武器輸出を伝統的に「慎んで」きました
(※法的に「禁止」されているわけではありません。「慎む」だけのものだったのですが、いつの間にかこの慣例が強い拘束力を持つようになり現在に至っています)
 
そのため日米共同開発の『SM3ブロックⅡA』も諸外国に輸出することができなかったのです
 
ま、そんな中で政府が打ち出した「武器輸出緩和」方針である

背景に『SM3ブロックⅡA』を求める米国の強い要請があるだろうことは専門家などの間では半ば常識として語られてきたわけであるが…
 
こうやってハッキリでるとイロイロ面倒くさいのであるぞ
 
どこぞの連中は好きそうでないか
「米国の圧力で平和的政策の改悪を余儀なくされた」とな!

 
はわわ~~
 
でも、じえいたん
日本はまだそのくらいでおさまっているのだからいいわよ

我が国は外交問題にもなりかねない様々な情報が暴露されてしまったのよ

 
『首脳酷評やスパイ続々…「裏の顔」暴露、オバマ政権痛手』
 オバマ米政権に、深刻な痛手を与えている。~(中略)~友好国の首脳らを酷評している実態を文書がさらけ出したからだ。
 
(以下抜粋)
サルコジ仏大統領「怒りっぽく、独裁主義的」
ベルルスコーニ伊首相「無責任で虚栄心が強く、現代欧州の首脳として無意味」
ロシアのメドベージェフ大統領「プーチンが(主人公)バットマンで、メドは相棒のロビン」
アフガニスタンのカルザイ大統領「極めて弱い人間」「事実に耳を傾けない」
北朝鮮の金正日総書記「体がたるんだ年寄り」「精神的、肉体的なトラウマを抱える」
 
ねいびーさんもなかなか口が悪いのであるな
ふむふむ
 
私じゃないわよ、こんなこと言ったの
 
まりたんよりヒドいのです~!
 
わたしは陰口なんて言わないぞ!
 
フランスに、イタリア、ロシア、それにアフガニスタンや北朝鮮まで…
 
そういえば、日本の首脳についての評価は報道されていませんね?
なぜ無いのかな?
 
ああ、日本の首脳であるか?
 
おそらく…
 
コロコロ変わるんで
印象に残ってないのではないか!
 
それもそうね
 
あ、そうだな
 
今の首相はカンでしたっけ?
ビンでしたっけ?
 
火曜日が回収の日ですよ
 
そ、その言葉が一番ヒドいですよぉ~!