2011/4/10 日曜日

気仙沼大島に上陸した海兵隊員たち
 
こんにちは、皆さん
じえいたんです
 
『オペレーション・トモダチ』を取材するため
強襲揚陸艦エセックスに乗艦した私たちは
海兵隊員の皆さんと一緒に搭載LCUで
気仙沼大島に上陸しました
 
…海兵隊はこの島で何をしているんですか?
 

援助物資をLCUからおろす海兵隊員たち
 
海兵隊は『フィールド・デイ』と命名された
瓦礫撤去作戦を実行しているようだぞ
 
すでに4月1日に1個中隊基幹170名の海兵が上陸しており、本日(4月3日)の上陸部隊はその増援として送られたものだ
 
およそ1個小隊+各種支援要員合計108名の海兵
そして海軍兵30名が上陸した!
 

海兵隊員たちの後方、電柱に注目!
てっぺんに引っ掛かっているのは漁具
つまりこの位置まで津波が押し寄せたのです
 
ここはずいぶん小さな港ですね
 
ここは島の東南にある長崎漁港だな
 
メインポートである浦の浜港は地震で大きな被害をうけた
海底地形の隆起、沿岸部の沈下…
 
さらに津波によって押し流された車や船舶、家屋の残骸が海底の障害物となり揚陸できる場所がほとんどないのだ
 
事前の調査により揚陸可能な港として
この長崎漁港が選ばれたということだな
 

島の地図をチェックする部隊指揮官たち
 
海兵隊員が作業を行うのは津波で破壊された
浦の浜港、要害港、駒方港だ
 
これより徒歩で移動を開始する!
 

津波により破壊された沿岸部を移動する海兵隊員
6日まで野営するため重装備となっている
 
あっ
こんな早朝だと言うのに、わざわざ家から出て海兵隊員に手を振っている方がいますよ
 
海兵隊員の力が必要とされているのだな…
 
なんとしても期待にこたえねば!