2012/3/28 水曜日
多国籍合同演習コブラ・ゴールド2012
まりたん密着レポート!
 
120327A

120327B
揚陸艦『ジャーマンタウン』に降り立った
避難者たちを海軍のみなさんが迎えます

 
ようこそ、『ジャーマンタウン』へ
 
おおきな船ですね
 
本艦はドッグ型揚陸艦
『ホイットビー・アイランド』級の一隻よ

満載排水量約16,000トン、全長186メートル
……自衛隊で言えば『おおすみ』級と
おなじくらいかしらね

 
海兵隊員を乗せなければいけないからな!
 
そうね
『ジャーマンタウン』は、強襲揚陸艦『エセックス』や
ドッグ型揚陸艦『ハーパーズ・フェリー』とともに
〝エセックス水陸両用戦即応グループ(ARG)〟を
形成しているのよ

このグループは佐世保に展開しているわ

 
エセックスARGで上陸部隊となるのが
沖縄に展開する第31海兵遠征部隊(MEU)だな

これらは常にセットで運用されるのだ

 
……つまり『コブラ・ゴールド』演習は
海兵隊だけの演習ではなく、艦船も含めた
〝両用戦即応グループ〟全体の演習なのですね
 
そのとおり!
 
海兵遠征部隊の緊急展開能力を支えるのが
揚陸艦の渡洋能力と兵員輸送能力なのよ
 
<1>航空輸送力

120327C
船体後部には二機のヘリが離発着可能なヘリポートがあります!

<2>上陸作戦能力

120327D
ヘリポートの下、大きなスペースはウェルデッキです
上陸用小型艇が運用できます!

120327E
このときは一隻のみ格納
 
「邦人救出」はスピード勝負だからな

いちはやく現場へ駆けつけ救出活動を
行えるのは海兵遠征部隊だけなのだ!

 
そして、大規模な海兵隊員輸送能力は
避難民の輸送任務にも使うことができるのよ

……さて、避難訓練、大変だったでしょう?
これでも食べて落ち着いてね

 
120327F
ヘリで到着した避難者に対して
チョコクッキーと水が振舞われました
 
はぁ~、落ち着きますねぇ
避難者の皆さんにも安堵の色が浮かんでます
 
じゃあ、ついて来て
艦内を案内するわ
 

120327G
ヘリデッキから階段を上ってすぐ
医務室が設けられています

「ここはメインの応急処置室(バトルドレスステーション)です。
同様の部屋は艦内に三箇所、
前方、中央、後部にあり、ここは中央の部屋です。

消毒器ほか様々な医療機器が備え付けてあり
応急的な医療処置を負傷者に行うことができます」

 
戦闘任務のため、医務室や応急処置室が
艦内には設けられているのよ

これは避難者の救助にも大きく役立つ施設ね

 
こちらは兵下士官食堂

艦橋の上に出ました
いろいろな機材が置かれているようです
 
うわぁ~、まぶしい!
 
艦橋の上には
RIM-116近接防空ミサイルや
CIWS近接防空機関砲など
防空火器が配置されているわね

また、各種通信用機器も備わっているわ

 
超高速で接近する対艦ミサイルに対処し
また上陸作戦の指揮艦艇として通信能力も
高くなっているのだな
 
さて……
そろそろ出港しましょうか?

艦橋に案内するわ

 
120327H
 
あ、まりたん!
そんなところに座っちゃダメですよ!
 
よ~し、日本に向けて
全速前進だ~~!
 
……勝手に命令しないでちょうだい
 
さらば、タイ王国!
また来年の『コブラ・ゴールド』で会おう!!
 
第31海兵遠征部隊の皆さん
ありがとうございました!
 
<『コブラ・ゴールド』演習日記おわり>